中村銘茶について

お茶の上手な保存方法 Method of Tea preservation

お茶は非常に繊細です。

お茶は海苔や鰹節の様な乾物のイメージがあるため、品質が変化、低下しづらいと思われがちですが、実は非常に繊細で、急激に品質が変わります。お茶を上手に保存し、おいしく頂くコツをご紹介します。
お茶は「酸素、湿度、温度(高温)、光、香り(移り香)」に影響を受け、風味が落ちたり、変色をしますので、これらを避けることが保存のポイントです。

【酸 素】
お茶が酸化し、特に味が低下し、茶葉と水色の色調に対しての影響が大きい。
【湿 度】
お茶の水分が増加し、酸化が促進される。味、色など全てに対して影響する。
【温度(高温)、光】
茶葉の葉緑素に影響し、茶葉と水色の緑色が褐色に変化する。
【香り(移り香)】
お茶は臭いを吸収する性質が非常に強く、周囲の臭いを吸込み、変質臭の一因となる。
イメージ

上手に保存するポイント

・できるだけ少量で購入する。
・未開封の場合は、冷蔵庫か冷凍庫で保存する。ただし、お茶が冷たい状態で開封すると温度差で表面に結露が発生し、それを吸収するため、必ず開封する前に常温に戻してから開封する。また未開封であっても、常温⇔冷蔵/冷凍を繰り返すと変質する。
・開封後は夏場で2週間、冬場で1か月以内で使い切る。
・開封後はしっかりと密封し、缶など遮光性のあるものに入れ、冷暗所で保管する。開封後の冷蔵庫や冷凍庫での保管は、湿気を吸収しやすくなり、移り香の原因にもなるので避ける。

お茶の賞味期限

全ての商品の賞味期限は、未開封の場合に限ります。賞味期限はおいしくお召上がり頂ける目安の期間ですので、過ぎてもただちに腐ったり、飲めなくなるわけではありませんが、風味や見た目が悪くなる場合がありますので、できるだけ期限内でのお召しがりをおすすめします。夏場や梅雨時期などは特に変質しやすい環境ですので、未開封の場合でも保存状況によっては、期限前でも品質が低下する場合があります。また開封後は夏場で2週間、冬場で1か月以内を目安に、使い切って下さい。

お茶が古くなった時は

フライパンなどでじっくりと炒ると、自家製ほうじ茶が作れます。焦げないようにごく弱火で、動かしながら炒って下さい。全体的にきつね色になれば完成です。煙がでますので、必ず換気をして下さい。

ページの先頭へ