中村銘茶について

玉露 GYOKURO

玉露とは?

玉露は碾茶などと同じく、新芽の育成期間中に覆いをかぶせ、日光を遮って育てたお茶です。日光を遮ることで、甘味や旨味の成分が苦渋味へ変化することが抑制され、深くまろやかな甘味・旨味と、豊かで奥行きのある香りが生まれます。品質が高い玉露は、強い甘味と旨味が醸し出す、海苔の香りに似た独特の「覆い香」があります。

玉露

品質の違い

高品質なものほど、甘味・旨味が強く、苦渋味が少なく、香りが高く、茶葉の色味が濃くなります。また入れたときのお茶の色味=水色(すいしょく)が薄くなり、透明感が増します。

甘味
甘味

【高】深く、濃く、奥行きがあり、まろやかさが舌の上に広がる。精緻で優雅な味わい。

【低】薄く、苦渋味に負ける。深み、広がり、奥行きがない。

旨味
旨味

【高】非常に強い。とろみのあるコクを持ち、まろやかで舌に絡むよう。余韻が深く、長く残る。

【低】薄い。入れる際の湯温が高いと苦渋味に負ける。

苦渋味
苦渋味

【高】苦味、渋味が非常に少なくなり、甘味と旨味の間に程よく、わずかに感じる。嫌みがなく、上品。

【低】高温で入れると明らかに苦渋味を感じる。苦味に若干の鋭さがあり、渋味が加わると、よりキツい印象となる。

香り
香り

【高】海苔の様な独特の覆い香を持つ。重厚感があるが柔らかく、華やかさを感じる。熟成香を持つものも。

【低】単純で粗く、深みや広がりに欠ける。複雑さがなく、表面的。

水色
水色

【高】赤みや黄色みの少ない、透き通った薄緑、もしくは透明に近くなる。

【低】薄い緑色に、やや赤みもしくは黄色みが入る。濁りにくすみや曇りがでる。

色味
色味

【高】表面に艶があり、暗さの少ない濃緑色。茶葉の中心が少し太く、両端に向かって細くなる形状。

【低】艶がなく、かさついている。丸く固いものよりも、平たく柔らかい茶葉がある。茶殻に赤み、黄色みがあり、葉脈が目立つ。

おすすめのいれ方(2人分)

お茶は入れる湯温が低いほど、甘味がでやすく、高いほど苦渋味が強くなります。玉露の魅力はやはり、深い甘味と旨味。低温でじっくりといれることで、その特徴を引き立たすことができます。エスプレッソのような濃厚さを、少量楽しむお茶ですので、小さめの急須や湯呑みがおすすめです。

  • 茶葉の量
    8-10g
  • 湯温
    60℃
  • 湯量
    80-100ml
  • 待ち時間
    120-150秒

①熱湯を急須や湯呑みに入れ、温めるとともに湯温を落とす。1回移し変えると約10度弱湯温が下がります。
②急須へ茶葉8g(ティースプーン約2杯)を入れ、60℃のお湯80mlをゆっくりと注ぐ。
③急須を振らずにじっくりと、120秒ほど待ち、湯呑みの注ぎ分ける(廻し注ぎ)。最後の一滴までしっかりと出し切り、急須のフタをあけておく。
④2煎目以降は、お湯を注いだあと、待たずに注ぎ分ける。

もう一つの楽しみ方『水出し玉露』

もともと甘味の強い玉露ですが、水出しすることでさらにまろやなか口当たりと、甘味を楽しむことができます。

  • 茶葉の量
    10g
  • 湯温
    冷水
  • 湯量
    80ml
  • 待ち時間
    30分以上

①急須へ茶葉10g(ティースプーン約2杯強)を入れ、冷水80mlをゆっくりと注ぐ。
②フタをし、そのまま揺すらず30分程度待ち、グラスに注ぎ分ける。この時小さな氷を浮かべても。
2煎目は、冷水でもお湯でも結構です。またより時間はかかりますが、急須に茶葉と氷のみを入れて出す「氷出し」も
おすすめです。

取扱い商品

商品名 内容量 サイズ 価格(税込み)
嘉 玉(かぎょく)
50g袋入 縦227×横90mm 2,160円
80g缶入 直径72×高さ137mm 4,320円
香 雪(こうせつ)
50g袋入 縦227×横90mm 2,700円
80g缶入 直径73×高さ135mm 5,400円
仙 掌(せんしょう)
50g袋入 縦227×横90mm 5,400円
80g缶入 直径73×高さ135mm 10,800円
別製玉露(べっせいぎょくろ)
50g袋入 縦227×横90mm 8,100円
80g缶入 直径73×高さ135mm 16,200円
ページの先頭へ