中村銘茶について

ほうじ茶 HOJICHA

ほうじ茶とは?

ほうじ茶とは、煎茶などの葉やくきを高温で炒ったお茶で、こうばしい香りと濃い褐色が特徴です。高温で炒ることで苦味や渋味が少なくなり、とてもさっぱりとした味となります。様々な食事や和洋菓子と相性がよく、内容を問いません。また、その優しい風味は熱くしても冷たくしても飲みやすく、のどの渇きを癒すのにもぴったりです。
ほうじ茶には、主に葉を炒った「ほうじ茶」と、くきを炒った「くきほうじ茶」があります。どちらにも異なる魅力がありますが、ほうじ茶は軽くあっさり、くきほうじ茶は甘みがあり、少しまったりとしたコクが特徴です。お好みや気分に応じてお使い分け下さい。

ほうじ茶

品質の違い

ほうじ茶、くきほうじ茶はこうばしい香り立ちが大きなの魅力ですが、その奥にも色々な魅力が隠れています。手軽に入れることができるお茶ですので、ぜひ自分のお好みを探して下さい。

甘味
甘味

【高】ほのかな甘味があり、香りの後にじわりと広がる。くどさがない。香ばしさとの調和がよい。

【低】全体的に甘味自体が非常に薄く、感じない。ただし、さっぱり感は強くなるので、一概に悪いとは言えない。

旨味
旨味

【高】甘味ほどはない。探すと微かに感じる程度。ありすぎると風味が重たくなり、たくさん飲めない。

【低】全体的に旨味自体が非常に薄く、感じない。ただし、さっぱり感は強くなるので、一概に悪いとは言えない。

苦渋味
苦渋味

【高】高品質なほうじ茶は、甘味と旨味がある(炒りが浅い)ので、煮出すとえぐ味や渋味が少し出る。

【低】苦渋味、えぐ味共にほとんどない。

香り
香り

【高】香りの量が多く、強い。深く、奥行きがあるので広がりを感じる。香ばしさとともに、 優雅さのある、心地よい甘い香り。

【低】香り立ちが薄く、淡い。深みと奥行きに欠け、表面的な香ばしさのみ。複雑さと継続性がない。

水色
水色

【高】価格の高いものほど、炒りが浅いので、褐色が薄くなる。また、葉よりもくきの方が炒りが深いので、水色が濃くなる。

おすすめのいれ方(2人分)

気軽に、手軽に入れることができるほうじ茶はシーンを選ばず、日常使いにぴったりの重宝するお茶です。いれる前に少し電子レンジで温めると香ばしさがぐっと出ます。焦げないように注意して下さい。

  • 茶葉の量
    10-12g
  • 湯温
    100℃
  • 湯量
    300ml
  • 待ち時間
    30-40秒

①急須へ茶葉10g(ティースプーン約3杯強)を入れ、100℃のお湯300mlをゆっくりと注ぐ。熱いお湯に注意!
②急須を振らずにじっくりと、30~40秒ほど待ち、湯呑みの注ぎ分ける(廻し注ぎ)。最後の一滴までしっかりと出し切り、急須のフタをあけておく。
③2煎目以降は、お湯を注いだあと、待たずに注ぎ分ける。
並ほうじ茶は少し茶葉の量を多め(15g程度)にして下さい。

取扱い商品

商品名 内容量 サイズ 価格(税込み)
並ほうじ茶(なみほうじちゃ)
200g袋入 縦317×横100mm 756円
ほうじ茶(ほうじちゃ)
100g袋入 縦277×横85mm 756円
上ほうじ茶(じょうほうじちゃ)
100g袋入 縦277×横85mm 1,080円
くきほうじ茶(くきほうじちゃ)
100g袋入 縦277×横85mm 972円
50g缶入 直径72×高さ137mm 1,080円
上くきほうじ茶(じょうくきほうじちゃ)
100g袋入 縦277×横85mm 1,620円
ページの先頭へ