中村銘茶について

かぶせ茶 KABUSECHA

『かぶせ茶とは?』

かぶせ茶は煎茶と玉露のちょうど中間にあるお茶です。玉露や碾茶などと同じく、新芽の育成期間中に覆いをかぶせますが、玉露や碾茶が少なくとも20日間以上日光を遮るの対し、かぶせ茶は7~10日間程度と短くなります。玉露のようなこってりとした甘味や旨味はありませんが、煎茶よりも風味が穏やかで、苦渋味が苦手な方にもおすすめのお茶です。

かぶせ茶

品質の違い

価格が低いものは煎茶に近く、高いものは玉露に近くなります。いれ方によっても甘味を強くしたり、苦渋味を強くしたり、お好みによって分けることができます。

甘味
甘味

【高】玉露ほどの深み、コク、奥行きはないが、まろやかさがある。そこそこに舌の上でじわりと広がる。良い意味で甘すぎない。

【低】煎茶に近く、ほのかに感じる。高温で出すと、ほとんど感じない。

旨味
旨味

【高】派手さはないが、甘味の後にとろりと広がる。深みや奥行きは少ないが、こってりさがなく飲みやすい。

【低】ほとんど感じることができない。甘味の後に少し感じる程度で分かりにくい。

苦渋味
苦渋味

【高】苦味、渋味が少なくなり、刺々しさも少なくなる。上品さがあり、苦渋味がさらりとなくなっていく。

【低】高温でいれると甘味よりも強く感じる。苦味よりも渋味が勝り、刺々しさがある。

香り
香り

【高】覆い香まではいかない、マイルド、温和、柔らかい印象のかぶせ香。

【低】単純で粗く、深みや広がりはない。香ばしさに勝る香りがない。

水色
水色

【高】赤みが少なく、少し青みがかった緑色。くすみのない、若干のにごり。

【低】赤みを伴う、黄色。あまり赤みが強いものや、茶碗の底にたまる澱が黒みががると良くない。

色味
色味

【高】表面に艶があり、暗さの少ない濃緑色。茶葉の中心が少し太く、両端に向かって細くなる形状。

【低】艶がなく、かさついている。平たく柔らかい茶葉が多い。茶殻に赤み、黄色みがあり、葉脈が目立つ。

おすすめのいれ方(2人分)

お茶は入れる湯温が低いほど、甘味がでやすく、高いほど苦渋味が強くなります。かぶせ茶は苦すぎず、甘すぎない、煎茶と玉露の中間の特性をもっています。気分に合わせ、苦味を効かせたさっぱりと、甘味を引立たせてまろやかに。湯温を調整してみて下さい。

甘味をいかして

  • 茶葉の量
    8-10g
  • 湯温
    60℃
  • 湯量
    200ml
  • 待ち時間
    90-120秒

①熱湯を急須や湯呑みに入れ、温めるとともに湯温を落とす。1回移し変えると約10度弱湯温が下がります。
②急須へ茶葉8g(ティースプーン約2杯)を入れ、60℃のお湯200mlをゆっくりと注ぐ。
③急須を振らずにじっくりと、90秒ほど待ち、湯呑みの注ぎ分ける(廻し注ぎ)。最後の一滴までしっかりと出し切り、急須のフタをあけておく。
④2煎目以降は、お湯を注いだあと、待たずに注ぎ分ける。

苦味を効かせて

  • 茶葉の量
    8-10g
  • 湯温
    80℃
  • 湯量
    200ml
  • 待ち時間
    40-60秒

①熱湯を急須や湯呑みに入れ、温めるとともに湯温を落とす。1回移し変えると約10度弱湯温が下がります。
②急須へ茶葉8g(ティースプーン約2杯)を入れ、80℃のお湯200mlをゆっくりと注ぐ。
③急須を振らずにじっくりと、40秒ほど待ち、湯呑みの注ぎ分ける(廻し注ぎ)。最後の一滴までしっかりと出し切り、急須のフタをあけておく。
④2煎目以降は、お湯を注いだあと、待たずに注ぎ分ける。

取扱い商品

商品名 内容量 サイズ 価格(税込み)
初 緑(はつみどり)
100g袋入 縦227×横110mm 1,620円
80g缶入 直径72×高さ137mm 1,620円
寂(じゃく)
100g袋入 縦227×横110mm 1,620円
80g缶入 直径72×高さ137mm 1,620円
祥 雲(しょううん)
50g袋入 縦227×横90mm 1,080円
80g缶入 直径72×高さ137mm 2,160円
千 里(せんり)
50g袋入 縦227×横90mm 1,620円
80g缶入 直径72×高さ137mm 3,240円
ページの先頭へ