中村銘茶について

くき茶 STEM TEA

くき茶とは?

くき茶は煎茶や玉露などを製造する途中、茶葉の大きさなどを選別する工程で出る茎の部分を集めたお茶です。京都では品質の高い玉露のくきを特別に「雁が音かりがね」と呼んでいましたが、今日では全ての茶種のくき=雁が音と呼ぶことが多くなっています。また、「白折」など地域によりいろいろな呼称が使われる場合もあります。くき茶は葉のお茶と比べ、味が淡泊であっさりとしているので、飲みやすいお茶です。また熱湯でいれても比較的苦渋味がでにくく、時間がないときにもおすすめです。

くき茶

品質の違い

煎茶、かぶせ茶、玉露と3種類のくき茶がありますが、ここでは煎茶雁が音の品質の違いを記載します。

甘味
甘味

【高】葉の部分と比べて、薄く、あっさり。舌やのどに引っかからない。

【低】ほとんど感じない。

旨味
旨味

【高】葉の部分と比べて、薄く、あっさり。後味に引っ張らない。

【低】ほとんど感じない。

苦渋味
苦渋味

【高】えぐ味と、渋味が少なく、ほのかな甘味と旨味に調和している。

【低】少ない。熱湯で出すとでてくるが、刺々しさは少ない。

香り
香り

【高】煎茶の清らかさに、くき独特の少し青臭さを含んだ香り。高温でいれるとくき香がたつ。抜けの良い香りではない。

【低】単調なくき独特の香り。表面的ですぐになくなる。

水色
水色

【高】赤みや黒みが少ない。澄んだ山吹色。曇りがすくなく、透明感が強い。

【低】葉の部分よりも黄色い。あせた色調で、彩度に欠ける。煎茶の場合は風味に影響がない範囲で、多少赤みがかってもよい。

色味
色味

【高】くきが緑がかっており、柔らかい。茶色い部分がなく、葉の色調と似ている。

【低】くきが白く、固い。茶色い部分がある。明らかに太い。

おすすめのいれ方(2人分)

くき茶は味の成分が葉と比べて少ないため、さっぱり、あっさりしています。熱湯で出しても苦渋味が少ないので、初心者の方もいれやすいお茶です。ただし、葉の部分と比べると2煎目以降の味が薄くなります。

  • 茶葉の量
    8-10g
  • 湯温
    80℃
  • 湯量
    200ml
  • 待ち時間
    30-40秒

①熱湯を急須や湯呑みに入れ、温めるとともに湯温を落とす。1回移し変えると約10度弱湯温が下がります。
②急須へ茶葉8g(ティースプーン約2杯)を入れ、80℃のお湯200mlをゆっくりと注ぐ。熱いお湯に注意!
③急須を振らずにじっくりと、30~40秒ほど待ち、湯呑みの注ぎ分ける(廻し注ぎ)。最後の一滴までしっかりと出し切り、急須のフタをあけておく。
あまり待ちすぎると苦渋味が強くなるので、素早く注ぎ分ける。
④2煎目以降は、お湯を注いだあと、待たずに注ぎ分ける。
玉露やかぶせ茶のくき茶は、少し低め(60~70℃)でいれると、爽やかな甘味を味わうことができます。玉露やかぶせ茶のいれ方も参考にして下さい。

取扱い商品

商品名 内容量 サイズ 価格(税込み)
並雁が音(なみかりがね)
150g袋入 縦227×横110mm 1,080円
煎茶のくき茶(かりがね)です。
煎茶雁が音(せんちゃかりがね)
100g袋入 縦227×横110mm 1,080円
煎茶のくき茶(かりがね)です。
上煎茶雁が音(じょうせんちゃかりがね)
100g袋入 縦227×横110mm 1,620円
煎茶のくき茶(かりがね)です。
かぶせ折(かぶせおれ)
50g袋入 縦227×横90mm 1,080円
かぶせ茶のくき茶(かりがね)です。
玉折(たまおれ)
50g袋入 縦227×横90mm 1,620円
玉露のくき茶(かりがね)です。
ページの先頭へ